個人事業主と会社はどちらがよいか

*******************************************************
【本サイトからのお知らせ】
本サイトの姉妹サイト「お金持ちの教科書」が本になりました!
サイトのコンテンツの中から人気の高い記事を選別し、
新しい記述も加えて、書籍として再編集したものです。
ぜひ購入してください。2014年1月29日販売開始(現在先行予約受付中)

Amazonでの購入はこちらから
楽天ブックスでの購入はこちらから

 

 

*******************************************************

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 個人事業主と会社はどちらがよいか
Share on Facebook

 ある程度本格的に、専業で事業をやろうとするならば、個人事業主にするのか会社にするのか、事業形態を選択する必要がある。同じような事業内容であっても個人事業主と会社はいろいろな面で違いが出てくるのだ。

中小規模の場合には個人事業主と会社で大差はない
 個人事業主と会社は何が違うだろうか?

 法律的には個人事業主と会社の最大の違いは誰が責任を負うのかという点である。個人事業主は金銭的法的責任のすべてを事業主個人が負うことになっている。形としては非常にシンプルだ。

 一方会社(ここでは株式会社を想定する)の場合には、金銭面では出資者が出資金額の範囲で責任を負う。法的責任ついては基本的に経営者が負うことになっている。

 これが経営と所有の分離というやつである。だが中小企業の場合には、経営者と出資者は同一人物なので、経営と所有は実質的に分離していない。

 銀行から借金をする場合には、会社の借り入れであっても個人の保証が要求されるので、現実には個人事業主と状況は何も変わらない。

取引先が大手の場合には会社であることは必須
 ただしビジネスを具体的に開始するにあたっては、個人事業主と会社で実務面に違いが出てくる。
 
 まず個人事業主の場合には取引先が制限される可能性がある。

 顧客が個人の場合には、事業者が個人事業主か会社なのかはあまり気にしないかもしれないが、相手が会社になると個人事業主との取引きに制限がかかるケースがある。
 取引きするのにふさわしい相手だと納得させられれば問題はないのだが、会社の場合には手続きがパターン化されており、面倒なことが少なくて済む。

 事業が順調に拡大していった場合にも、個人事業主の場合、不便な点がある。
 会社には増資といって資本金を外部から調達する手段があるが、個人事業主の場合には、事業主本人の資金だけに頼らなければならない。

 事業の規模が下手に拡大してしまうと、個人事業主では対応に限界が出てくるのだ。この場合には、どこかのタイミングで会社組織に転換する必要に迫られるだろう。

零細なビジネス以外は会社にしておく方が何かとよい
 逆に個人事業主の最大のメリットは、あらゆる面で簡便なことである。

 会社は設立するのに登記が必要だが、個人事業主は何もしないでスタートできる。資本金を集める必要もない。登記をしてしまうと、その維持に年間数万円のコストがかかるが、個人事業主はほぼタダである。

 事業の売上げが大きく拡大する見込みはなく、手軽にビジネスを始めたいのであれば個人事業主がよいだろう。大企業や官公庁との取引きがないような業態であれば大きな問題は起きないはずである。

 だが将来事業を拡大しようと考えていたり、ある程度の規模以上の売上げが見込める場合には、会社組織にしておく方が何かと便利である。大企業や官公庁との取引きが見込まれる場合には、会社組織であることは必須である。

 最近は最低資本金制度の撤廃など、会社の設立維持のハードルが下がっている。ある程度本気で独立・起業しようと考えるのであれば、筆者は会社組織にすることをオススメしたい。

【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

【本サイト主宰者 加谷珪一のブログ】
評論家 加谷珪一のわかりやすい「お金」と「経済」と「ビジネス」の話

にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村