資金調達をどうするか?

*******************************************************
【本サイトからのお知らせ】
本サイトの姉妹サイト「お金持ちの教科書」が本になりました!
サイトのコンテンツの中から人気の高い記事を選別し、
新しい記述も加えて、書籍として再編集したものです。
ぜひ購入してください。2014年1月29日販売開始(現在先行予約受付中)

Amazonでの購入はこちらから
楽天ブックスでの購入はこちらから

 

 

*******************************************************

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 資金調達をどうするか?
Share on Facebook

 ビジネスの立ち上げにおける最大の課題は、何と言っても資金調達である。

 中には初期投資をほとんど必要としない業態もあるが、多くの場合、それなりの初期投資が必要となる。これをクリアしないことには、事業を始めることができない。

出資と融資はぜんぜん違う
 当然だが自己資金は多いに越したことはない。だが事業資金のすべを自分で用意できる人はごくわずかだろう。多くの人が、何らかの形で他人のお金を活用することになる。
 お金には色はないが、それがどこから来たお金なのか、どういう種類のお金なのかで起業家が置かれる状況はまったく変わってくる。

 まずお金の種類としてしっかり認識しておかなければならないのは、出資と融資の違いである。

 「出資」はその事業に対してお金を出し、利益の中から出資比率に応じて分配金を受け取る形態のお金の出し方である。株式会社であれば、その会社の株を買い、配当を受けとることになる。「出資」のポイントは「貸付」ではないという点だ。出資した人は、自分でリスクを考えて出資しなければならず、うまくいかなかった場合に、会社にお金を返してもらうことはできないというのが原則だ(契約で返せるようにすることなども可能だが原則は不可)。

 つまり起業家から見れば、出資金は返さなくてよいお金である。その代わり、出資には議決権が伴っており、出資者は株主総会で投票することができる。出資金の過半数を他人に握られていた場合には、最悪社長をクビになることもあり得る。

 一方「融資」はお金の貸し付けのことである。一定期間お金を貸し、利子をつけて返済する。

 起業家から見れば、融資で調達した資金は、利子を付けて返さなければならないお金である。融資は法律で保護されていて、返済しない場合には、相手は法的措置をとることができる。どうしても返済できなければ、破産するハメになる。

 だが融資は会社の経営権とは何の関係もない。融資しているからといって、会社の運営に口出しをすることはできない(融資を引き上げることをちらつかせて、間接的に口を出すことは可能。銀行はそうする)。ちゃんと返済さえすれば、メンドーなことにはなりにくい。

初期投資は出資、運転資金は融資が理想
 起業家としては、返済の義務がないので、出来る限り出資の形にもっていった方が、破産するリスクは少なくなる。だが出資を受け入れてしまうと、会社の経営に介入されるし、日々もどんな状況なのか株主に説明しなければならない。返済義務がない代償はそれなりに大きい。

 また出資する側は、株式を他人に売らない限りは帰ってこないお金なので、出資するとなると慎重になる。出資のお金を得ることは一般論としてなかなか難しい。

 理想的には、設備投資や初期投資など、事業の根幹部分に必要となる資金は出資でまかない、運転資金(仕入れの出金と売上げの入金でタイミングがずれるため、その間をつなぐ資金)は融資でまかなうというスタイルが望ましい。

【関連サイト】
お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

【本サイト主宰者 加谷珪一のブログ】
評論家 加谷珪一のわかりやすい「お金」と「経済」と「ビジネス」の話

にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村